毛乳頭細胞の役割とメカニズムとは?

AGA大解剖

Google

髪の毛のサイクルに大事な毛乳頭細胞は、アミノ酸系シャンプーでバッチリです。

毛乳頭細胞の役割とメカニズムとは?

近年男性型脱毛症という言葉が注目されつつありますが、この男性型脱毛症…いわゆるAGAというのは、外や中からの原因の他に、毛乳頭細胞など髪の毛が生える部分自体に原因がある場合もあるのです。

さらに近年この男性型脱毛症の原因として、毛乳頭細胞がカギを握っているということが解明されつつあり、育毛剤、発毛剤や、シャンプーに各種ヘアケアグッズといろいろな商品が開発されています。

毛乳頭細胞に男性型脱毛症の原因があるとされているのに、ただやみくもに発毛、育毛グッズを利用するだけで、本当に髪の毛は生えてくるのでしょうか?

また髪の毛のためになるのでしょうか?

たしかにそういった対処は大事であり、また必要かもしれません。

ですが毛乳頭に原因があるというのであれば、その役割やメカニズム、さらに対処法もああらかじめ知っておくということも、大事なのではないでしょうか。

まず髪の毛の根元部分には、毛乳頭細胞、外毛根鞘細胞(がいもうこんしょう)、内毛根鞘細胞(ないもうこんしょう)、毛母細胞、脂肪細胞、毛包幹細胞、色素幹細胞、さらにメラノサイトなどいろいろな細胞が集約しています。

このいろいろな細胞の中で、髪の毛を生やす命令を出しているのが毛乳頭細胞なのです。

この毛乳頭を活性化させる効果があるのが、アミノ酸系シャンプーなどであるといわれています。

まずは洗髪時に、アミノ酸系シャンプーなどで、毛乳頭細胞を活性化してあげないといけないのです。

■脱毛に悩んだら・・・メンズヘルスクリニック東京(旧城西クリニック)

記事RANKING

MENU


Copyright (C) www.melanibrown.com. All Rights Reserved.